避妊について考える―後編―

こんばんは。美桜恋です。 読むほどに感度を磨く官能コラムをご覧いただきありがとうございます。 皆様毎日いかがお過ごしでしょうか? 町も人が少なくなり、会いたい人に会えない日々、、、つらいです。触れあいたい気持ちの大きさや、自分にとって大事な人は誰なんだろう、どんな人と時を共に過ごしたいんだろうってなことを考えさせられる今日この頃です。

本日のテーマは先週からの続き「避妊について考える―後編―」

前回はセックスと避妊について私の思うことを存分に語らせていただきました。後編となる今回は、具体的な避妊方法や性病検査についてご紹介し、身だしなみを整えてセックスを楽しもうがテーマです。 避妊についての考え方も人それぞれかと思います。セックスをすれば妊娠の可能性もある。どのような避妊方法があるのか、自分はどの方法を選べるのか知ったうえでパートナーと話し合うことは重要ですね✨ また、避妊具として使われるコンドームは性病を防ぐ役割も。セックスを楽しむ上で知っておくべきリスクには性病がありますね。性感染症は性行為を媒介して起こります。どんなに信頼できるパートナーでも、性のことに関して具体的に話をしていなければ、相手のことがわからないですよね。不安な気持ちが邪魔をするとセックスも楽しめないものです。 セックスに伴う様々なリスクを知った上で、マナーと身だしなみを整えてクリーンなセックスを楽しみましょう♪

様々な避妊方法を知ろう

コンドーム

現在では男性が容易に使える方法はコンドームだけで、バリア法と呼ばれることも。素材やサイズ、質感も様々。快感を邪魔しないものにこだわってもいいですね。自分の身体を守るため女性が用意したっていいんです! 最近は味つきのコンドームなんていうのもあるみたいですね! 舐めておいしい✨ コンドームは目的を果たすためにも正しい使い方をしましょう。 注意すべきポイントはこちら。


  • 使用期限を守ること

  • 切れないようにパッケージを開け、傷つけないようにすること

  • 被せるときに、精液だまりの上の部分をつまんで空気を抜くこと

  • 膣から抜くときは、コンドームをしっかりと押さえること

ピル

もっとも利用者の多い避妊法である低用量ピルは、混合型ホルモン避妊法と言われ、月経のコントロールが可能となります。 体をだまして、今は妊娠中なのだと思い込ませることで排卵を抑制し、子宮頸管の粘液を濃くして精子が泳ぎにくくなり、子宮内膜を薄くして受精卵を着床しにくくします。 副作用がこわいと恐れる方もいるかもしれませんが、必ず出るわけではなく10%の割合で頭痛、めまい、乳房痛などが起こり得ます。ピルの服用を忘れてしまうと、避妊効果はなくなってしまいます。

ミレーナ

聞きなじみのない方も多いかもしれませんが、こちらはT字型をした小さな器具で、医師に子宮内に装着してもらいます。 5年間継続して装着でき、放出されるホルモン量がわずかに高く、月経を軽くしたい方におすすめです。使用中は月経が止まる人が多いです。出産経験のある人しか使えないと言われることが多いのですが、それは通説にしかすぎないそうです。

緊急避妊法の存在も知っておこう


アフターピルって聞いたことはありますか? これは、確実な避妊をせずに不安になった場合やコンドームが破れてしまった、ピルをのみ忘れてしまったなど、もしかしたら妊娠してしまうかもしれない、という時に頼れる緊急避妊ピルです。 レボノルゲストレルという成分が含まれ、費用は八千円から二万円ほど。妊娠する確率が下がることは確かですが、排卵を抑制する作用があり、排卵直前や排卵後は効果がありません。 またこれらは副作用もあり、不正出血や月経の遅れ、強い吐き気などもあります。病院に行って処方してもらう必要があります。もしもの時の非常用として頭にいれておくことは安心ですが、最後の手段として意識しておきましょう。 ピルもホルモンバランスの異なるものや、避妊リングや避妊注射など、日本では未承認の避妊方法も様々あり、使用できるように活動している方もたくさんいます。ライフスタイルにあったよりよい方法が選択できるといいですね。


性病検査ってどんなもの?


性病検査は一般的には、女性は婦人科、男性は泌尿器科などの医療機関で受けることができ、特にHIV検査は保健所でも受けられます。 主な検査項目としては、性器クラミジア感染症・淋菌感染症・HIV感染症・梅毒等の性感染症があり、女性は膣分泌液、おりものから、男性は尿から検査します。 また、オーラルセックスで媒介する可能性もあるので、喉に違和感を覚えたらクラミジア、淋菌など咽頭の検査も必要です。 それぞれ痛みや違和感を伴うようなすぐにわかる症状のあるものだけでなく、無症状で自分では気づかない可能性もあります。 感染源が性行為に限らず媒介するものもあるので、早期発見早期治療により重症化を防ぎ、パートナーや母子感染を防ぐためにも受診しましょう。

自宅でできる性病検査

ただ、病院に行って性病検査を受けるのに抵抗がある、誰にも知られずに受診したいという方も多いでしょう。

そんな方には自宅で受けられる性病検査キットがおすすめです。

https://www.std-lab.jp/shopping/


郵便局留めなどで送ってもらえば誰にもバレずに検査をして結果を知ることができます。

自分が知りたい項目を選んで検査できます。ブライダルチェックなど目的別で選べるので、あなたに合った検査を選びましょう。

気軽にできるHIV検査

こちらは、区が無料で実施してる保険所のまとめサイトです。

https://www.hivkensa.com/


HIV検査の豆知識やQ&A、相談もできるので少しでも不安になったら見てみてください!

性活メンテのニッシーさんは毎月、性病検査

私がコラムを書かせていただいている本サイトの運営者、性活メンテのニッシーさんはなんと毎月、性病検査をしていて結果報告をきちんとされています。

こういう報告をきっちりしていると依頼する女性も安心しますね。安心、安全な状態で思う存分セックスを楽しみましょう。


ではでは今夜も素敵な官能ライフをお過ごしください。

こちらの記事のご意見・ご感想はこちらからお気軽にお問い合わせください!


美桜恋先生のTwitterはこちらから 美桜恋の性共育講座~大人編~の詳細はこちらから

性活メンテで開発ご希望の方はこちらから

© 2018-2020 ニッシーの性活メンテ 

映像送信型性風俗特殊営業 保安収第12号 警視庁佐倉警察署

特定商取引法に基づく表記

  • Twitter
  • note
  • icn_login