【性活メンテ】誕生ストーリー


第一章

今からさかのぼること10年前。


高校2年~3年の約1年、まさに初恋と呼べる真剣に付き合った彼女がいました。


しかし、その彼女との別れ際にこんなことを俯きながら嘆かれました。


ニッシーはエッチの時に毎回イッてるみたいだからいいけど、わたしはこの1年間一回もイケてないんだよね。

初めて経験する女性との別れにただでさえ辛いのに、追い打ちをかけるかのような衝撃的な言葉。


そのときに僕は、ハッとして、


女性もエッチの時にイッてみたいんだ!

と気づき、女性がイクということへの意識が芽生えたのです。


恋破れた僕は、初恋の彼女をイカせてあげることはできなかったけれど、次に付き合う人は真剣に向き合っていこうと決めたのでした。

第二章

そして、大学に入ってできた新しい彼女。


その彼女は処女だったけれど性に対して好奇心旺盛な女性。


・スムーズに処女を卒業をしたい ・中イキもしたい ・潮吹きもしたい ・連続イキもしてみたい ・もっと気持ちよくなりたい


ねっ⁉ めっちゃ貪欲で変態でしょ⁉ でも僕も変態だから何故か気が合ったのです。


そんな彼女の望みとしっかり向き合っていこう、高校の時の挫折をなんとか打ち砕こうと僕は密かに決意してました。


その当時、19~20才。


今のようにネットも普及していなかったので、性に対する正しい知識も分からず、どうやったらいいのか分からないながら自分で調べていました。


だけど幸いなことに、たまたま親戚が先祖代々お医者さん家系で、仲良しのお兄さんに産婦人科の先生がいたので相談することができたのです。


これまでの経緯や今の彼女のこと、どうやったら女性を気持ち良くできるかと相談し、中イキのメカニズムや女性器の仕組み、機能などを医学的な観点から丁寧に教えていただきました。


お兄さんから教えていただいたことをもとに試行錯誤をし、ある日、ついに、才能が開花する瞬間が訪れようとしていたのです。

第三章

彼女が無事に念願の中イキ!!!


しかも潮吹きまでして、無事に処女を卒業。


そして回数を重ねるごとに1回しかいけなかったものが、5回、10回、そして、50回、100回と中イキするようになったのです。


その結果、彼女はとても喜んでくれて、当時はお互い無我夢中で快楽を求めあってました。

こうしたプチ成功体験をして、僕はまたあることに気付いたのです。


快楽に対して何も知らなかった女性が、女性特有の快楽を知るとセックスに対してポジディブになってベッドライフが積極的になる。そうすることで外見も内面もより女性らしく変化(成長?)するんだ!

中イキができ、豊かなベッドライフを送れるようになると、こんなにも女性が美しく変化するのか! と心から実感しました。

それからというもの、彼女とは大学時代の4年間を共に過ごしましたが、お互い社会人となり、生活リズムが変化しお別れすることに。

第四章

大学時代の彼女と別れ、社会人になってからは飲み会に明け暮れる日々。女性との出会いも人並みにありました。


そこで出会った女性に、過去の恋愛話をしていると、


実は私も中イキしてみたいんだけど、1回もないんだよね〜

とか


どうやったらできるようになるの? ほんとにそんなイケるの?

など根掘り葉掘り聞かれ、詳しく説明していると、


もしよかったら今度教えてくれませんか?

と女性に相談される機会が何回もありました。


女性には誰にも言えないセンシティブな悩みを抱えていることもわかったのです。


そのことをきっかけに今の「性活メンテ」の原点となるような活動を始め、無事に中イキできるようになった女性から感謝されることも度々ありました。


そんなある日、Twitterでアダルトな動画をアップしてベッドライフを楽しんでいる、いわゆる「裏垢男子」という存在を知ることに。


そこである言葉を思い出しました。産婦人科の先生をしている仲良しのお兄さんに


先天的に中イキできる女性は実は1〜2割程度のものなんだよ

そうだ! じゃ、今までの自分の経験や知識を動画にアップして発信することで、中イキできなくて困っている大多数の女性たちの助けになれるかもしれない。


でもこういうとよく言われるのが


どうせ女性とただセックスしたいだけでしょ

というヤリモクとしか思ってない心無い言葉。


そう勘違いされる活動だということは百も承知ではあるけれど、


違うよ!

と声を大にして言いたい。


僕は真剣な気持ちで「性活メンテ」を通して豊かなベッドライフの一助となればという一心で活動をしています。(※「性活メンテ」の活動指針はこちらから)


だからなのか嬉しいことに女性からの依頼が一切絶えず約2年経った現在も「性活メンテ」活動を継続して行なうことができています。


10年前にも遡る過去の様々なご縁や出会い、一つ一つの出来事の点と点が線となって結び付き、現在の「性活メンテ」へと繋がっているのでした。

© 2018-2020 ニッシーの性活メンテ 

映像送信型性風俗特殊営業 保安収第12号 警視庁佐倉警察署

特定商取引法に基づく表記

  • Twitter
  • icn_login